アフィリエイト×コピーライティングは無敵である。

コピーライティング

石井ミヤコです。

 

「アフィリエイトで稼ぎたいなら、まずコピーライティングを勉強すべき!」

よく目にする文言ですよねー。

 

ネットビジネスを始めた当初は、
「コピーライティングを勉強しなきゃ、稼げないんだ!!」
と極端に解釈していましたが、

 

稼げるようになった今では

「コピーライティングスキルがあれば、
アフィリエイトで鬼に金棒だわ」

という認識になりました。

 

今回の記事では、コピーライティングを一から解説していき、
アフィリエイトと組み合わせるとなぜ最強なのかを
順を追ってお話ししていきます。

 

コピーライティングってなに?具体例で解説!

疑問

 

そもそもコピーライティングとは何なのか?

本当に一言で説明すると
広告文を書く技術のこと。

※コピーとは「広告文」という意味。

 

そして広告文とは字のごとく、宣伝・広告のための文章のことです。
ようは、

コピーライティング=宣伝・広告のための文章を書く技術!

 

コピーライティングはさらに2種類に分けることができ、

イメージコピーライティング
セールスコピーライティング

に分類されます。

 

イメージコピーライティングは、いわゆる「キャッチコピー」を書く技術。

 

有名な例だと

「そうだ 京都、行こう。」
 ‘‘JR東海’’

とか

「きれいなおねえさんは、好きですか?」
 ‘‘パナソニック’’

とか

「ココロも満タンに コスモ石油」
 ‘‘コスモ石油’’

 

どれもCMで、耳にしたことあるはず・・・

 

その会社の商品やサービスを使っていなくても、キャッチコピーを聞くと、
なんとなく「あ、これ知ってる」と既視感が生まれ、身近に感じますよね。

 

キャッチコピーきっかけで商品を買うなんて経験もあるのでは??

 

ちなみに石井はパナソニックのキャッチコピーきっかけで
ナノイードライヤーを購入しました笑

だって、きれいなおねえさんになりたいからね!!!

まんまとキャッチコピーに誘導されたわけです。

 

キャッチコピーには一言も
「買ってください」とは書いてないのに!

 

 

つまり、イメージコピーライティングを書く技術があると

企業や商品のイメージやブランド力を
文字で定着させることが可能になる

ってわけ。

 

そのイメージから購入にいたる行動も促すことができる・・・

おそるべし、イメージコピーライティング。

 

 

一方、セールスコピーライティングは
「読者に購入を訴えかける文章」を書く技術。

 

まずはセールスコピーの例をいくつかご紹介。

ネットビジネス大百科の長文のセールスレター↓

ネットビジネス大百科

 

そしてフォローマティックXYの長文セールスレター↓

フォローマティックXY

 

 

商品やサービスの魅力を感情に訴えて伝える長い文章が特徴です。

 

読み進めるうちに、

「これを買えば、今よりも状況が良くなりそうだ」
「今、これを買うしかない!」

と思わず購買意欲がそそられちゃいますねー。

 

 

実は、セールスレターには売れる法則があると言われています。

 

有名どころで言えば、
神田昌典氏が提唱する「PASONAの法則」

 

Problem:問題を提起する
読み手が抱えている問題を提示する。

 

Agitate:問題を炙り立てる
その問題を放置しておくとどうなるのかなど、
抱えている問題は解決しなければならない、ということを理解させる。

 

Solution:解決策を提示する
その問題を解決する方法としてこんなものがあります、と
商品・サービスのプレゼンテーションをする。

 

Narrow Down:顧客や期間を限定する
限定や緊急性などでこの商品・サービスは今しか手に入るものではない、
ということを提示する。

 

Action:行動を呼びかける
すぐに申し込むように呼びかける。

 

この順番で文章を書けば、読み手は自然と購入に至るようになるってこと。

 

つまり、セールスコピーライティングを書く技術があると

商品やサービスの購入を文章の力だけで
読み手に決意をさせることが可能になる

ってわけ。

 

文字だけで人間の欲求を刺激することもできちゃう・・・

ある意味こわいぞ、セールスコピーライティング。

 

コピーライティングをアフィリエイトという仕事で活かす!

コピーライティング

 

コピーライティングを仕事にしている人を、コピーライターといいます。

仕事内容が多くの人の目に触れるので花形の人気職種!

 

コピー自体が商品や企業のブランドイメージをつくる

コピーはそのまま売上に結びつくことも多い

コピーを考えるコピーライターは広告戦略で責任重大!

・・・なんです。

 

 

なぜなら

どんなに商品やサービスが素晴らしくても、
その魅力が伝わらないと致命的!!

ですから。

 

イメージコピーライターのお仕事は、
商品やサービスの魅力を文章だけで最大限に引き出してあげる、
クリエイティブでやりがいのある仕事といえそうですね。

でもイメージコピーライターは「0」を「1」にする仕事なので、
一定の「センス」が必要なのが現実。

 

一方、セールスコピーライターのお仕事は、
読み手の人間心理を深く理解したうえで
「商品が売れる文章」を意図的に作ること。

セールスコピーライターには「センス」は必要ありません。
必要なのは「人の心に訴えかける文章を書く技術」だけです!

 

そしてセールスコピーライティングのスキルは
勉強することによって身につけることが可能!!

 

 

セールスコピーライターは、セールスレターを書くだけが
仕事と思われがちですが、
その仕事は多岐にわたります↓

  • セールスレター
  • ランディングページ(LP)
  • ブログ記事
  • メールマガジン・ステップメール
  • ダイレクトメール(DM)・チラシ

などなど。

 

新進気鋭のコピーライターとして稼ぐことも可能ですが、
道は険しくライバルも多いです。

 


そこで私がおすすめしたいのは

アフィリエイトでコピーライティングの技術を活かして稼ぐ

という道。

 

 

セールスコピーライティングを意識してアフィリエイト記事を書く

読み手は購入に対するハードルが低くなる

「今、これが必要だ」と感じ、購入してくれる

積み重ねで稼げるようになる

 

あなたが独自ブログでアフィリエイトをするのであれば
「仕事を取ってくる」という営業も必要ありません!

 

アフィリエイト×コピーライティングはとっても相性がいいのです^^

 

 

コピーライティングは世界共通!英語でコピーを作るなら外注もアリ!

コピーライティング

 

もし、コピーする商品やサービスのターゲットが外国人なら、

はっきり言って、
単純に日本語のコピーを英語に訳すだけでは無意味。

 

ネイティブの言い回しや表現、端的に表す単語が必要になってきます。

これらを理解しないで英語でコピーライティングをしても、
意味不明で見てもらえない可能性大!!!

 

 

英語でコピーライティングを作りたいなら、
外注でお願いするのもアリです!!

 

コピーライティングの技術は世界共通!!CopyWriting!!

「コピーライティング 英語」と検索すると、
多くの英語コピーライティング会社が出てくる出てくる・・・

 

例えば・・・

SP Word LLC さん

WEBFORCE JAPAN さん

SK Word さん

 

困ったときは外注さんの力を借りて、
より効果的なコピーを作ってみてはいかがでしょうか?

 

コピーライティングを外注するにはお金がかかる?料金は?

お金

 

自分にはコピーライティングの技術はまだないけど・・・

今すぐコピーライティングが必要!
という場合は専門会社に外注することもできます。

 

そこで気になるのは料金ですよね・・・??

 

「コピーライティング 料金」で検索すると、いろんな会社の料金表を発見!

検索上位にあったペア・ファクトリーさんの料金表がこちら↓

 

コピーライティング料金表

 

アフィリエイトブログを1記事お願いすると、
最低でも税込5,400円かかるってことね。

 

急ぎだったり、単発でお願いする分にはいいと思うけど、

毎回外注でお願いするには、結構高いな・・・

というのが正直な感想です。

 

 

なぜなら、前述したとおり

コピーライティングの技術は、
勉強すれば身につけられるものだから!!

 

最初は外注にお願いしつつも、自分で勉強していくのが1番です。

 

 

突然ですが、アフィリエイトで成功していくうえで、
必要なことは何だと思いますか?

 

優れた商品を持っていること・・・、と答えたアナタ。

その商品が販売終了したらどうする?
代わりになる商品を探す??

 

本当に必要なことは、

どんな商品でも売る力を持っていること

すなわち

コピーライティングに辿り着くってわけ!!

 

 

一見魅力的じゃない商品だったとしても、
あなたのコピーライティングによって魅力的にさせることができたら・・・

どんな商品でも売ることができる最強のアフィリエイターになって、
たっぷり稼ぐことができますね^^

 

コピーライティングを勉強する方法は4つ!

それぞれのメリット・デメリットについて、しっかりお伝えしますよ↓

 

コピーライティングを学びたい人全員が読むべき1冊はこれだ!

この記事を読んでいただいている全員におすすめしたい本があります。

それが・・・こちら↓

現代広告の心理技術101

ダイレクト出版さんの「現代広告の心理技術101」

 

この本は、人間が思わず反応してしまうテクニック
余すことなく学べる1冊となっています。

 

「現代広告の心理技術101」が他の本とは違う理由は・・・

この本自体が、コピーライティングを使って書かれたお手本

になっているんですよ!!

 

世の中には、コピーライティングを取り上げた本は山ほどありますが、
読んでいて眠くなる本も山のようにあります。

コピーライティングの逆を突いて眠気を誘っているのか?と思えるから不思議・・・

 

眠気を誘う本たちの中で、一際輝いているのがこの本です!!

読んでいて「おお!そういうことか!!」と感心しながら読み進められるので、
眠くなる暇はまったくありません笑

 

 

また、日本を代表するトップアフィリエイターから
「ぜひ読んでほしい1冊」として多くの票を集めるという一面も。

すでに稼ぐ方法を身につけた人たちが、こぞって読んでいる本を
読まない理由はありません。

 

ただ1つ欠点を挙げるとするならば、

本を読めば知識は増えるが、実践しなければ身につかない

ということ。

 

 

「現代広告の心理技術101」を読んで終わり、では何にもなりません。

 

この本で得た知識を、文章を書いていく過程で確実なスキルにしてほしいです^^

 

コピーライティングをセミナーで学ぶことはできる?

セミナー風景

 

ではセミナーはどうでしょうか??

※ここでは30~50人ほどの集団に対して、一方的に講師が話す形態をセミナーとします。

 

流されやすい人には向いていません。

 

まず、数時間のセミナーでコピーライティングのすべてを
学ぶことは不可能です。

 

そして、最近のセミナーはライブ感を重視しているところが多く、
講師の熱も受講者の熱も伝わりやすい!

 

 

まわりの受講者の熱気がうつってしまい、セミナーに参加しただけで

「なんかもう、スキル身についたんじゃね!?」

と思い込んでしまう可能性が高いです・・・

 

本同様、セミナーに参加するだけではスキルは身につきません。
セミナーで学ぶことを活かすぞ!!という気持ちで参加するならOK!

 

もちろん、メリットもあります。

それは、
有名コピーライターに直接会えるチャンスがある!

という場合。

 

実際に活躍しているコピーライターに会える機会はなかなかありません。

生の声を聴くことによって、
コピーライティングの奥深さを知ることができるかもしれませんね。

 

 

コピーライティングを講座だけに頼ってはいけない!

コピーライティング講座

 

それでは、講座はどうでしょうか?

※ここではオンライン・対面問わず、複数回に分けて学ぶ形態を講座とします。

 

セミナーと講座、どっこいどっこいかな・・・

 

って感じですね、ハイ。

 

 

講座で勉強することにもメリットはあります。

 

例えば、
テキストがついていて要点がまとめてある

とか

課題を提出して、講師が添削してくれる

とかね。

 

一からコピーライティングを勉強する人にとっては
魅力的に見えるかもしれません。

 

 

でもね、よく考えてほしいのですが、

 

テキストに要点がまとめてある・・・
講師が課題を用意してくれる・・・
講座のスケジュールは決まっている・・・

 

受け身の姿勢ばっかり!!!

 

受け身でいることに慣れてしまっては成長できません。

 

いろいろ試して、失敗して、修正して、結果を出す・・・
このサイクルを1人でやりきる力が必要なのです。

 

ようは、講座を受講するだけで(完全にスキルが身についていなくても)
満足して
しまわないか心配ってことよ。

 

 

講座を受け終わったら、
コピーライティングのスキルが完璧に身についているってことはないよね?

講座が終わってからが、本当の勝負。

 

受け身になることなく、講座後も積極的に勉強する意欲のある人の
取っ掛かりとしてはいいと思います。

 

アフィリエイト向けのコピーライティングが学べる最優秀教材はこれだ!

指をさす女性

アフィリエイトで稼ぐためのコピーライティングの勉強方法は

ベストセラーのコピーライティング教材で勉強

すること。

 

本、セミナー、講座・・・ときて、教材!?と思うかもしれませんが、
ちゃんとした理由があります。

 

それは、

成功者としての実績がある作者の生きたノウハウが学べる!

 

 

教材のセールスレターを読んでいるだけでも、グイグイ惹き込まれます。

自分もこんなセールスレターを書けるようになりたい!と
学習意欲が掻き立てられること間違いありません。

 

コピーライティングを学べる教材は、それこそたくさん出回っていますが、
玉石混交です。

つまり光り輝く宝石のように素晴らしい教材と、
石ころのように何にもならない教材が混じっている状態・・・

 

 

この記事を読んでくださっているあなたには、
間違っても石ころのような教材を手にしてほしくありません。

 

特別に、宝石と呼べる素晴らしい教材2つをお教えします^^

 

 

まず1つ目は「ネットビジネス大百科」

ネットビジネス大百科

 

ネットビジネス界で超有名な教材の1つ。

超有名=内容的にも優れているというものばかりではない中、
このネットビジネス大百科は内容もとても優れています!

 

この教材は音声で構成されており、なんと10時間以上にも及ぶ音声が収録!

 

ネットビジネスを行っていくうえで必要なのが・・・

・売れる商品や市場を把握すること
・集客できること
・信頼関係を築くこと
・売れる文章が書けること

 

つまり、マーケティングコピーライティング

 

この2つを網羅的に学ぶことができる教材になっています。

コピーライティングの教材としておすすめしていますが、
それ以外の要素も盛りだくさん!!

 

これからネットビジネスを始めたい!という人向けに
「大百科」の名の通り、手元に置いて活用していただきたい教材です。

 

 

そして2つ目が「The Million Writing(ミリオンライティング)」

ミリオンライティング

 

コピーライティングで成功している人は必ず、この教材をおすすめしています。

内容はPDFのテキストタイプで構成されており、なんと196ページにも!

 

この教材の作者である宇崎恵吾氏の師匠である
「年収5億円コピーライター」が5億の不労所得を作り出した方法が
これでもか!と解説されています。

 

年収5億ということは、月収が約4,150万円。
月収4,150万円ということは、1日で稼ぐ金額が約138万円。

 

・・・1日138万円稼ぐ!?

 

コピーライティングを極めれば、不可能な数字ではないってことね。

 

 

いきなりこの金額を達成することは厳しいですが、
ミリオンライティングには科学的な論理、原則のテクニックが満載なので、
この教材で結果が出た人が続出しています。

 

値段も3,980円と手に取りやすい価格で、無条件全額返金保障つきなので、
コピーライティングを学ぶ最初の教材として非常におすすめ!

 

The Million Writing(ミリオンライティング)のセールスレターにも
コピーライティングの要素がたくさん詰まっているので、
ぜひ一読してくださいね^^

 

※ミリオンライティングのレビュー記事はこちらをご覧ください。

 

どちらの教材もとても素晴らしいのですが、

音声で学びたい人はネットビジネス大百科、
テキストで学びたい人はThe Million Writing(ミリオンライティング)

がぴったりです!

 

番外編:コピーライティング教材と併用したいSEO対策テンプレート!

アフィリエイトでコピーライティングを実践するにあたり、
ぜひ併用していただきたいものがあります。

それがこちら↓

賢威
「賢威」というワードプレスのテンプレートです。

賢威を使えばSEOの知識がなくても、
あなたのサイトが検索結果で上位表示されやすくなる
アフィリエイター必須のアイテム!

 

検索結果で上位表示されると・・・

サイト訪問者が増える

アフィリエイトで商品を紹介できるチャンスが増える!

 

ここにコピーライティングスキルが加われば、
さらに訪問者の心を掴むことができますね。

 

賢威の詳しいレビュー記事はこちらをご覧ください^^
【特典つきレビュー】賢威はやっぱりすごかった!初心者こそ使うべき

 

アフィリエイト×コピーライティングについての質問はこちらまで!

メール質問問い合わせ

 

アフィリエイト×コピーライティングについてここまでお話してきました。

 

コピーライティングって何だろう?
コピーライティングってどうやって勉強したらいいの?

と疑問に思っていた方にとって少しでもお役に立てたなら、
とても嬉しく思います。

 

「いやいや、聞きたいこと書いてないんですけど!?」

という声ももちろんあると思いますので、
コピーライティングについて知りたいことがあれば
どんなことでもお答えいたします^^

ぜひこちらからお問い合わせください。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

 

石井ミヤコ